外付けハードディスクを復旧させる~パソプロセンター~

パソコン

原因を明確にする

hddを認識しない原因

PC

hddを認識しないなどの、故障と思われる症状が見られた場合、まずは原因を考えましょう。 認識しない原因として考えられるのは、物理的故障や寿命、ウィルス感染などが挙げられますが、仮にこれらが原因で認識できないのであれば、買い替えや修理、ウィルス除去を検討した方が良いでしょう。 しかし、hddを認識しない原因はこれだけではありません。配線が外れてしまった場合や、接続端子の故障により認識しないということもよくあります。そこで、故障の確認方法として、正常なhddを同じ配線で接続してみる方法があります。仮にこの方法で認識できるようであれば、故障の可能性は高いと言えますので、買い替えを検討しなければなりませんが、反対にこの方法でも認識しないのであれば、別のパーツの故障の可能性が高いので、細かく故障箇所をチェックするか、修理業者に依頼してみましょう。

同じ記憶装置であるメモリとの違い

hddはメモリと同様にPC購入時に内蔵されている記憶装置ですが、記憶できる容量が違うということ以外にもそれぞれ特徴があります。 メモリは一時的なデータの記憶を行なうパーツで、データの出し入れをすばやく行なうことができます。ただし、データの出し入れはPCが自動で行なうもので、基本的に、使用者が意識して行なうことはありません。 一方、hddは、データをこちらが消去しない限りは電源を切ってもデータが消えることは無く、使用者の意志でいつでも記憶したデータを出し入れすることができますが、メモリと比較するとデータを取り出すスピードは遅くなります。 ただしhddはメモリと比較すると故障しやすいパーツと言われています。常にバックアップを行なうことを忘れないようにしましょう。